会社情報

商 号 :株式会社センタースリー(Center Three Co., Ltd)
代表者 :長沢 雄司
設 立 :2011年8月

店 舗 :センタースリー
電 話 :03-6658-5891
FAX :03-6369-4295
メール :doron-order@center3.co.jp
所在地 : 〒130-0002 東京都墨田区業平3-16-1嶌崎ビル202

最寄り駅:押上駅 A2出口徒歩0分 とうきょうスカイツリー駅 徒歩2分   

自社ブランド:Doronスポーツアンダーウェア
      :Biscuit (スポーツアパレル・ユニフォーム)

取引店舗  :350店舗

倉庫所在地 :千葉県我孫子市

自社サイト   :Doron公式SHOP  https://shop.doron-japan.com/

        :Doron公式Yahoo SHOP 

        :Doron公式BASE SHOP https://www.doron-japan.shop/

事業内容  :Doronスポーツアンダーウェアの企画・開発・販売

      :各種スポーツ興行の企画、運営等のコンサルタント業

      :スポーツリーグ・大会などの集計業務、HPの更新・管理
      :各種スポーツ関連用品の発掘、企画、開発、販売
      :チームスポーツのユニフォーム製作、スポーツアパレルの企画・販売全般

Doronスポーツアンダーウェア 沿革

2008年 8月 (株)ソールドアイ(本社 北海道)によりブランド発足
2009年 2月 Doronスポーツアンダーウェア 販売開始
2011年11月 (株)センタースリーがダーツ専任代理会社に認定
2012年 4月 Doron 東京営業所(東京都墨田区向島)を開設 
2012年 4月 東京所長&GMに当社代表 長沢雄司が就任

2014年 8月 (株)センタースリーを販売総代理会社(Doron東京営業所の運営)に認定
2015年10月  Doronの全事業を(株)ソールドアイから(株)センタースリーへ事業譲受
2015年12月  Doronに関わる全権利・商標権を(株)センタースリーへ移行

2016年7月~ 東京都墨田区業平(スカイツリー前)へDoron事務所を移転 

 
 

次世代型のスポーツ商材、スポーツサービスの発掘、開発。託されたバトンを私らしく

 私とDoronの出会いは2010年頃と記憶しております。当時、スポーツイベント会社で勤務をしていた私は インラインホッケーのレフリーのため、ホッケーシューズを長時間、履く機会が多かったのです。そのため週末はいつも足がむくみ、足の疲労に悩んでいましたが、Doronの商品(ソックス)に出会ってからはプレー中、レフリー中はもちろん、リカバリーとしても、Doronが手放せなくなりました。

 その後、株式会社センタースリーを起業し、イベントマンとして全国のスポーツ興行を廻るのですが、並行して私がこれと思うスポーツ商材を仕入れし、別のスポーツ現場に紹介・小売りをする商いをスタートさせます。私は自社が扱う小売商材の中に迷うことなく、自身もファンであった「Doronスポーツアンダーウェア」を加えました。

 そして、弊社でDoronを販売をするにつれて評判は瞬く間に拡がるのですが、「ダーツ業界」にDoronのアーム商品が肘のケア商品としてヒットし、それが大きな実績となり、当時のDoron運営会社から「ダーツ部門専任・総代理会社」となる契約を締結する事になります。

 翌年、北海道のDoron創業会社から「Doronスポーツアンダーウェア・東京営業所設立」の案内があり、その東京所長兼、Doron GMとして御指名を頂いた事が、私にとって大きな転機となります。そこから数年はDoron創業会社のメンバーと共に、東京を拠点にDoronブランドを全国展開するべく飛びまわり、仕組み作り、卸・小売り、ブランディング、Doron GMとして多忙な時間を過ごします。

 並行して(株)センタースリーの代表取締役として、自分の会社も稼働しておりましたので、Doron創業会社と協議の元、Doronの業務と(株)センタースリーの事業を一本化するべく、創業会社在籍だったDoron東京営業所スタッフは(株)センタースリーに転籍、2015年12月、Doronスポーツアンダーウェアに関わる全ての権利・運営権を(株)センタースリーが取得、ブランド譲受し、今日に至ってます。

 このように私のDoronのスタートは「お客」であり「ファンのひとり」です。車に在庫を積んで全国を廻り、様々なスポーツ興行の場でDoronの手売りを経て実績を積み、代理店となり、総代理を任され、GMとして創業会社に加わり、商品企画・製造を経て、現在Doronブランドの代表をしています。これら全ての立場を私が経験してきている事はブランドの強みです。

 移り行く時代、多様化するニーズに合わせて、時には慣例にとらわれない大胆な決断もしてきました。競技ルール規定により、ブランドのロゴ入り商品は、ロゴをテープで隠さねば使用できないという問題に直面し、それならば、Doronのロゴを商品から取ってしまおう、と決断できたのも、私が現場出身で商品力に自信があったからです。ルールを気にする事なく、いつも通りに安心してプレーができる、怪我の予防、疲労の軽減、リカバリーもできるという本人の実感は、昨今のブランドロゴが人の目に触れる広告効果よりも、時間はかかるかもしれないが「口コミ」により、いつか必ず返ってくる、と考えていました。

 今後も他社があまり参入しないような業界、できないような事こそ思案し、弊社でやれそうな方法を探求する。マイナースポーツや時にはスポーツ以外の分野にも光をあて、様々な事にチャレンジを続けたい。産みの親ではありませんが、「育ての会社」として、創業会社から託されたバトンを(株)センタースリーらしく、皆様のスポーツシーンに、また健康・サポートのギアとして、お届けできるよう努めます。

どうぞ宜しくお願い致します。そして、ご期待ください。 

株式会社センタースリー

代表取締役 長沢 雄司

大学:日本体育大学 卒
出身:茨城県

競技:ハンドボール

   インラインホッケー

 

お問い合わせ

 
商品に関するご質問など、お気軽にご連絡ください。

Success! Message received.